宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

目次

ペンが消える簡単手品

ペンが消えるという簡単な手品についてご紹介します。
まず、蓋つきのボールペンと紙を用意します。
紙については、どのようなものでも構いません。
次にやり方ですが、
最初に紙とペンを用意し、相手に仕掛け等がないことを確認してもらいます。
次にペンのキャップを外します。
キャップを紙のところにはさんで、紙で筒状に包んでいきます。
そして、キャップを外してそのまま紙を「どん!」と両手で潰します。
これでペンがどこかへ消えるという手品です。
これは、キャップを外した際にしっかり閉めずに緩くしておきます。
筒状に包んだ時に、自分の膝元にペンを落とすようにしましょう。
この時、キャップは紙に挟んであるのでペンがあるように見えます。
そして、そのままキャップを取り潰すだけです。
ポイントとしては、両手で紙を潰す時に派手にすると驚きを増すことができます。

輪ゴムが貫通する簡単手品

用意するもの:市販の輪ゴム2つ
<やり方>
①輪ゴムをそれぞれの手の親指と人差指を使って交差させる。
②どちらか一方の手の人差指にかかっている輪ゴムを中指に移動させる。
③輪ゴムが外れた方の人差指を親指にかかっている輪ゴムの中にいれる。
④中指にかかっている輪ゴムを外す
やってみると意外と簡単ですが、インパクト大なので飲み会などでかなり盛り上がります。

コインが手のひらを貫通する手品

コインが手のひらを貫通する、という難しそうな手品も簡単にできます。10円玉でも100円玉でも良いですが500円玉だとより見栄えがしますね、そのコインを左手で握ります。相手に手のひらをしっかり見せて、コインが入ったことを確認してもらってください。それから右手を左手の手の甲の上にのせます。「これから手の中をコインが移動します。トァー」などとおおげさに気合を入れながら、手を1回大きく上下に振ります。
この時左手の中にあるコインを、親指と人差し指の間から出して、右手のひらと左手の甲の間にすべらせます。そして右手を離して、左手の甲にあるコインを見せて「貫通しましたよ!」などと言ってみてください。この時自信満々にドヤ顔をするとより効果的です。シンプルゆえに効果が大きく、ウケが良い手品です。

相手の選んだカードを当てるトランプの手品

やり方
20枚のトランプをよく切って、裏面を上にして相手に1枚選んでもらいます。
そのトランプを他の人に見えないようにこっそりおぼえてもらったら、残りのトランプのいちばん上にのせてもらいます。
トランプをよく切って裏向きに、手の甲を上にして持ちます。
相手に何番目に出して欲しいかをたずね、トランプの下のほうから1枚ずつ抜いて、テーブルの上に置きます。
相手が希望した枚数のトランプをめくっていくと、ぴたりと相手のおぼえたトランプが出てきます。

タネ明かし
相手の引いたトランプを返してもらったら、オーバーハンド・シャッフルでそのカードをいちばん下に入れます。
トランプを持つときに、相手に気づかれないように、いちばん下にしたトランプを小指で後ろにずらします。(スライディング。)
そして、やり方4の下のほうからカードを抜いていくときは、ずらしたカードは残して、ほかのカードを抜いていきます。
そして、相手が希望した番号になったら、ずらしておいたカードを出します。すると、ぴたりと相手の希望したカードが出てくるというわけです。

覚えるだけの簡単予言手品

予言の「3」
大きな紙に「3」を書いて、封筒に折りたたんで入れて持っていきます。
「1~10のうち好きな数字を思い浮かべてください」
「ここに予言した数字を書いて持ってきました」と机に置く。
「好きな数字に5を足して2倍にしてください」
「次に4を引いて2で割ってください」
「そこから最初の数字を引いてください」
 ※この段階ですべての数字が3になります
「強く強く、念じてください」
「当たっていたら拍手をお願いします!」
で、当たっているという素晴らしい予言手品

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる