ロードバイクを初心者が始める時に知っておきたいこととは?

目次

ロードバイクとはどんなもの?

基本的にロードバイクは、舗装された道を速く走ることに特化した自転車です。
多くのロードバイクはサイクルロードレースでの使用を前提に作られたもので、
かつてはロードレーサーと呼ばれていました。
近年は、快適に走るための自転車も増えているので、
ロードレーサーというよりはロードバイクという方がいいでしょう。
細いタイヤや軽いフレーム、大きなホイールを備えており、
ドロップハンドルもロードバイクの象徴と言えるでしょう。
軽くて速いロードバイクの価格帯は、約8万円から100万円を超えるものなどピンキリです。
しかし、高いものでなくとも、10万円前後のロードバイクで、
シティサイクルなどと比べるとびっくりするくらい軽さを感じることができます。
スピードを出すためには前傾姿勢で漕ぐことが必要で、
シティサイクルとは異なります。

ロードバイクのタイプについて

ロードバイクには、
山道の上りも下りも速く走ることができるオールラウンドタイプ、
より快適に長い距離を走ることができるがスピードが少し劣るロングライドタイプ、
誰よりも速く直線を走ることができるが上り能力が少し劣るエアロロードタイプ、
の3つのカテゴリに分けることができます。
自分がどんな走り方をしたいかで選択しますが、
はじめてのロードバイクを選ぶときは、どれを選んだらいいのかわからないものです。
そういった場合は、まずオールラウンドタイプにしておくといいかもしれません。

ロードバイクの標準的な価格について

一般的な自転車の価格帯といえば、おおよそ1万円前後であると思います。
しかし、ロードバイクに乗っている人におすすめを聞くと10万円を超えるものを
勧められるかもしれません。
もちろん無理をして買う必要はありません。
自分にあった機能や価格を総合的に見て判断し、購入することが必要となるでしょう。

特に初心者はロードバイクは店頭で買うべき

ロードバイクを購入する際は、自分に合ったものを選ぶことが最も大切です。
ロードバイクにハマりだすと一日中乗ることも多くなるでしょう。
この場合、自分にあったものでないと、腰や膝など体にに大きな負担となってしまうのです。
ロードバイクは、ハンドルの位置を前後させての調整やサドルの高さの調整、
クランクの長さを調整するなど、体に合わせた最適なサイズ感に調整をします。
これらは、初心者がいきなりできるものではありません。
お店に実際に行って、試乗したり、店員さんにどのような用途で使用するのかなどを
しっかり伝えて、自分に合ったサイズに仕上げてもらうことがとても重要です。

初心者がロードバイクに乗ったらすぐに速く走れるわけではない

ロードバイクは、加える力を効率良く運動に変えてくれると言ってもいいでしょう。
自転車に高価な価値がつくのは、
効率を上げるための部品を使用しているということもあるのです。
そのため、一般的な自転車より格段に速く走れるということです。
だからといって、ロードバイクに乗ると競輪選手のようにすぐに走ることが出来るわけではありません。
ロードバイクの速さは、性能、筋力や運動神経だけの問題ではないのです。
まずは、手に入れたらしっかり乗り方を掴むこと。
そして回数を多く乗って慣れていくことが大切です。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる