うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

目次

蚊に刺されやすい人の特徴を知ろう

実は、『蚊』は近くにいる人間を手当たり次第に狙っているわけではありません。
人間が出す二酸化炭素や体温、汗に含まれている物質などから、好みであるかどうかを判断して、血を狙うか否かを決めています。
その為、普段から呼吸で二酸化炭素を多く吐いている人、呼吸の回数が多い方などは、その分『蚊』に狙われやすいと言えます。
例えば、飛んだり走ったりの運動直後など、呼吸が激しい時には、その傾向にあると言えるでしょう。
また、激しく運動をすれば、当然汗も吹き出ますので、より『蚊』に注意する必要があります。
常に汗が吹き出しているような肥満体質の方や、反対に代謝が良すぎるが為に、汗が出てしまう妊婦さんや赤ちゃんも狙われやすいのです。
これら以外にも『黒い色の服装』をしていると狙われやすいという話もありますが、実はこれは本当なのです!
『蚊』の目は、白黒でしかモノを見ることができず、白よりは黒を好んでいることがわかっています。
そして、よく耳にする
「血液型でO型の方を狙う」
という話については、その原因は未だ判明していません。

引用元-蚊に刺される・刺されない人の違い!2種の症状の対策と痒み止め! – 星々の煌めき

蚊に刺されるとなぜ痒くなるのか

蚊は人間の皮膚を刺してからまずは唾液を
注入します。この唾液は人間が痛みを
感じなくさせる麻酔成分と血を吸いやすく
するための血が固まらなくなる成分が入って
います。

引用元-蚊に刺されたらなぜかゆいの?その原因は?かゆみを抑える!止める方法とは? | 雑学、気になる話題を集めました

蚊はこの唾液を注入してから気づかれない
ようにチュウチュウと血を吸い続けます。
そしてこの唾液こそがかゆみの原因となって
いるんです。注入された唾液にアレルギー
反応を起こしてしまうため赤くなってかゆく
なるんです。
血を吸われてなくても唾液を注入されて
しまっていたらかゆくなっちゃうんです。
この唾液注入は皮膚に着地してから
15秒ほどで完了してしまうので、
蚊がとまってるのを見たらすぐに!!
たたかないとダメなんです。
そしてこのアレルギー反応は人によって
かゆみが出るタイミングが違うんてます。

引用元-蚊に刺されたらなぜかゆいの?その原因は?かゆみを抑える!止める方法とは? | 雑学、気になる話題を集めました

蚊に刺されないための対策について

蚊は生まれた場所からの行動範囲がせまく、半径15mくらいです。自宅でよく刺されるということは近くに蚊が発生する水場があるということです。竹の切株やベランダの排水管の中の小さな水たまりからでも蚊は産卵し、繁殖します。雨のあとの晴れた日に蚊は産卵しやすくなるため、庭やベランダなどに蚊取り線香を炊いておくと、蚊が水場に近づけず産卵できなくなり、自然と個体数は減っていきます。
また、蚊は普段は植物の樹液や蜜を食料としているので、庭などの雑草や伸びきった枝を剪定して風通しを良くするのも効果的です。
蚊は特に足から発する臭いに敏感なため、夏でもサンダルではなく靴下を着用した方がよいです。市販の虫除けスプレーは非常に効果的です。足を中心に露出部に約2時間おきに使用しましょう。

引用元-【医師が監修】医師に聞く!蚊に刺されやすくなる原因や刺されやすい人の体質・特徴 | ヘルスケア大学

蚊に刺されにくくするための方法について

1.肌を清潔に保つ
こまめに汗をふくことで、汗の匂いに反応する蚊の接近を防ぐことが出来ます。そして抗菌洗浄剤で体を洗い清潔に保つことで、肌についた蚊を引きつける細菌の量を減らすことができます。
2.扇風機を利用する
蚊は体重がとても軽く風で吹き飛ばされてしまうため、うちわや扇風機の風が当たるところには近寄れません。また、扇風機の風に当たることで、吐き出した二酸化炭素が拡散し蚊に見つかりにくくなります。
3.手作り虫除けスプレーを作る
レモングラスやゼラニウム、シトロネラといった虫が嫌がる香りのアロマオイルに、エタノールと精製水(ミネラルウォーター)を混ぜ合わせれば、肌に優しい虫除けスプレーが出来上がります。
4.食生活を見直してみる
蚊は酸性の血液を好むため、肉類・糖類・脂肪分に偏った食事は避け、野菜やきのこ類、果物、海草、お酢などの、アルカリ性の食材を取り入れた栄養バランスの良い食事を心がけると良いですね。

引用元-蚊に刺された後のかゆみを止める対処法!刺されないための方法は?

蚊に刺されてしまった時の対応について

蚊に刺された後は強いかゆみが残り、思わずかいてしまいたくなりますが、かいてしまうと血管が拡張して皮膚の炎症がひどくなり、かゆみが増してしまいます。場合によっては、かいたことで傷口に細菌が侵入して化膿することもありますので、絶対にかかないようにしましょう。
蚊に刺されたら、まず皮膚の汗などを拭きとり、氷や流水で刺された部分を冷やします。皮膚が冷えると血管が収縮してかゆみがおさまります。逆に温めて血行をよくしてしまうのは血管が拡張し、かゆみを助長させることに。また、アレルギー反応が起こる原因の「蚊の唾液」はどんなに頑張っても絞り出すことはできませんので、患部をつねったりするようなこともやめましょう。
いくら気を付けていても、いつ刺されるか分からないこともあるので、夏場は市販の虫刺され用の薬や、かゆみ止めのパッチを携帯しておくと良いでしょう。とくに子供が刺された場合、我慢ができずにかきむしり、「とびひ」の原因となることもあるので、それを防ぐためにも常備しておくことをおすすめします。

引用元-夏の天敵!蚊に刺されない方法|ヘルスケア情報|eo健康

twitterの反応

https://twitter.com/24_kkm33/status/768999160045408256


https://twitter.com/takallicmetal/status/766285122681212929

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる