ソロキャンプの道具は少なめに!1人の時のテントや持ち物はどんなものがいい?

目次

ソロキャンプのテントの選び方について

ソロキャンプでのテントの選び方について確認してみましょう。
まず、シングルウォールテントですが、
防水透湿性の素材が使われているため、
1つの壁で雨や風を防ぐことができ、中の蒸気を逃がしてくれます。
重量も軽く、組み立てや片付けも楽ですが、
結露がしやすかったり、前室がないという側面もあります。
次にダブルウォールテントですが、
インナーとフライシートが二重構造になっているので、
シングルに比べると重くなります。
そのため、過ごしやすさを考えると、
ダブルウォールテントのほうがいいかもしれません。
また、自立式のテントではないものについては、
ペグやトレッキングポールを使わなければテント設営ができないため、
初心者の方には少し難しいかもしれませんね。

1人用テントを選ぶ時のポイントとは

ソロキャンプでのテントは、基本的に1人用を選ぶこととなるでしょう。
その際に選ぶポイントはあるのでしょうか。
まずは、広さについてですが、1人用のテントは思っている以上に
サイズ感が小さい場合があります。
そのため1人用のテントを購入する場合は、
サイズ感をしっかり確認してから購入するようにしましょう。
圧迫感などがあると快適性も失われ、辛く感じる場合もあります。
次に重さですが、1人でキャンプを行うとなれば、
持ち運びも設営ももちろん1人です。
設営については、ワンタッチで設営ができるテントもあります。
こういった点を考えて、自分にあったテントを購入するようにしましょう。

ソロキャンプ用のテントで人気の高いモンベルムーンライトテント 1型

ソロキャンプ用のテントで、何を購入したらいいか
決められない方にオススメしたいのが、
モンベルムーンライトテントの1型です。
これは、コンパクトで持ち運びやすく、設営も簡単な上、
耐久性や居住性を見ても、汎用性が高いため人気のテントとなっています。
また、1型でサイズ感が小さく感じる場合は2型などもあるので、
そちらを選ぶといいでしょう。

ソロキャンプの持ち物はないと困るものを優先しよう

ソロキャンプでは、あまり多くの持ち物を持って行くことはできません。
そのため、本当に必要なものを優先的に持って行くことを心がけましょう。
例えば、1人用テントはもちろんですが、
バーナーやシュラフ、シュラフカバーとマットもあったほうがいいでしょう。
移動手段にもよるかもしれませんが、
通常バイクや自転車で行く場合は、20kgから30kgくらいが、
ソロキャンプでの荷物の重さとしてはいいかもしれません。

ソロキャンプおすすめ料理の野菜炒めカレー風味

肉のかわりにコンビーフを使えば、クーラーボックスを用意せずにすむし、野菜も家でカットしてジップロックなどにいれて持って行けばよりスマートです。
コンビーフに味がついているので、カレー粉だけでも味が決まります。
<材料>
コンビーフ
キャベツ、タマネギ、ピーマン、にんじんなどお好みで
<作り方>
①コッヘルをバーナーで温めコンビーフをいれ、スプーンなどで崩していく。
②コンビーフから油がでてきたら野菜をいれて炒める。
③野菜に火が通ったらカレー粉をかけて出来上がり。

引用元-ソロキャンプ料理でおすすめの5つ!これなら一人でも楽しめる! | jun smile j

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる