北海道で芝桜の名所は?人気の滝上や東藻琴の芝桜公園

目次

芝桜ってどんな花?

シバザクラとは
北アメリカ西部原産の毎年咲く多年草です。茎は立ち上がらずに横に這うように広がって4~5月に花を咲かせます。環境が良ければ一株で径50cmほどに広がり、満開時の地表を埋め尽くさんばかりの花は見応えがあります。花は色は白、ピンク、藤色などがあり、その中でも品種によって濃淡の色幅があります。また白い縁取りやすじ模様が入るものなどもあり、非常にバラエティー豊富です。
シバザクラの名前は芝のように茎がほふくし、桜のような花を咲かせるところに由来します。学名のフロックス・スプラータの「スプラータ」は「針形の」という意味で針状のがくを付けるところから来ています。
地面を覆うグランドカバーとして単独で利用したり、花壇の縁取りや高さのある他の植物とあわせて寄せ植えにしたりと幅広く利用できる植物です。寒さに強く、寒冷地でもよく育つ…というよりどちらかというと涼しい環境の方を好みます。

引用元-シバザクラ(芝桜)とは|ヤサシイエンゲイ

北海道の名所滝上芝桜公園について

滝上町は、北海道にある人口約3,000人の町です。町名はアイヌ語の「ポンカムイコタン(地名)の滝の上にあること」が由来とされています。
また、オホーツク海に面した5町1村からなる紋別郡の1つである滝上町は、隣接する市に流氷観光船が運行していることで有名な紋別市がありますが、実は滝上町自体も全国的に有名な観光スポットを有するところでもあります。
その有名な観光スポットとは、滝上公園です。滝上公園は、芝桜の名所としてよく知られています。元は桜の名所であった場所でピーク時には1,000本もの桜が植えられていました。
しかし1954年の台風によって桜が壊滅状態になってしまい、その代わりに当時の町長が桜よりも害虫や寒さに強い芝桜に目をつけ、最初はみかん箱一つ分の苗を植えたことから始まったとされています。
それが今では、10万平方mにわたり芝桜が群生し、今では北海道を代表する名所となりました。現在、日本全国にある芝桜の名所に咲く芝桜の中には、ここの滝上公園の芝桜から株分けされたものもあるそうです。

引用元-滝上町の芝桜まつり2016の開花状況や見頃の時期! | 豆知識PRESS

こちらもおすすめ!大空町の東藻琴芝桜公園

北海道大空町にある「ひがしもこと芝桜公園」は、北海道の中でも屈指の芝桜の名所!もともとは「東藻琴村(ひがしもことむら)」という名前の村でしたが、2006年3月31日に、女満別町と合併し、大空町となりました。
今でこそ、8ヘクタールにも及ぶ広い範囲が「芝桜のじゅうたん」で覆われ、見事な観光地の一つとなっていますが、もともとを辿ると、終戦直後に、ある少女がもらってきた一掴みの芝桜の株を、農家の若者だったという花好きの弟が、自宅の庭に植えたところから始まっています。
その「農家の若者だったという花好きの弟さん」こそが、この【ひがしもこと芝桜公園】の芝桜をつくりあげた、中鉢末吉さん。
昭和52年から、コツコツコツコツとたった一人で手作業で植えつけていき、毎日毎日朝から晩まで芝桜を植える日々。雑草もとり、土も耕しました。そして約8年の月日を経て、ついに完成した【芝桜公園】。その後の管理も含めると、中鉢末吉さんは、合計で22年もの間、ここの芝桜とともに生きていらっしゃいます。

引用元-北海道大空町【ひがしもこと芝桜まつり】 2015年の開花情報と見頃・アクセス | 季節を代表する、日本のイベントシリーズ

各芝桜公園へのアクセスや見頃について

【滝上公園】
場所   北海道紋別郡滝上町元町
見頃   5月中旬~6月上旬
桜の種類 蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)、芝桜(シバザクラ)

営業時間 24時間(園内施設は7:00-18:00)
料金   大人 500円 子供 250円
※小学生未満は無料です。

交通   JR旭川駅より都市間バス、もしくはJR札幌駅から都市間バス「紋別行き」
「滝上文化センター」下車後徒歩15分
駐車場  あり(乗用車は150台駐車可能、無料)

引用元-北海道の芝桜!名所は?時期は? | 知的な日々の過ごし方

東藻琴芝桜公園
場所   北海道網走郡大空町東藻琴末広393番地
見頃   5月中ごろ
桜の種類 シバザクラ

営業期間 5月上旬~8月末
営業時間 8:00~17:00
料金   入場料 大人500円 小学生 250円
(芝桜の開花が3分咲き以上のときのみ。それ以外は無料)

交通  JR網走駅から網走交通バス
「大空町東藻琴」で下車(所要時間約50分)
タクシーで約5分ほど
駐車場 あり(1000台駐車可能、無料)

引用元-北海道の芝桜!名所は?時期は? | 知的な日々の過ごし方

芝桜の見頃の時期の北海道の気候や服装について

6月上旬は日中でも上に1枚羽織るものが欲しい日が多いです。
よさこいソーラン祭り、札幌祭りが終わりころになる6月中旬過ぎると暑い日が増えてきます。
半そでも着れるかなあという日もあります。
それでも朝晩は涼しいのでカーデガンなど羽織るものが必要です。
6月の北海道の服で一番活躍するのは、七分袖のシャツです。
長袖ではちょっと暑いし、半そででは肌寒いのが6月の北海道の天気です。
6月の本州は真夏に近いところもあるかと思います。
北海道はまだまだ夏には届きません。
北海道は梅雨がないといわれていますが、最近の北海道は、本州の長梅雨にはなりませんが、蝦夷梅雨と呼ばれる梅雨のようなものがあります。
リラ冷えといわれることもあります。
ライラックが咲くころ、一時期寒くなることがります。
これをリラ冷えと呼んでいます。
たまに、北海道でも6月に夏のような気温になることもありますが、朝晩はどうしても冷えるので、中は七分袖、上にカーデガンか夏用ジャケットなどを着るといいでしょう。

引用元-6月の北海道旅行の服装は?やっと暖かくなってきた

twitterの反応

https://twitter.com/suzuchen0304/status/736527217480458240

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる