登山の服装で春や秋はどんなものを選ぶべき?

目次

登山の基本の服装は3レイヤー?

登山の時の服装は、基本的に3レイヤーといいますが、
これは、もちろん単に3枚着れば良いということではありません。
肌着は汗を出すために着て、その上に中間着を着て体温を保温します。
その上に外着を着ることで雨や風などの気候の変化に対応するというように、
それぞれ役割があるのです。
登山では服装による体温管理や通気性などは大切です。
これらのことを意識して、登山の時の服装選びをするようにしましょう。

春や秋の登山の時の服装について

春や秋の登山の時の服装はあまり変わりません。
夏にはあまり持参しないウィンドブレーカーがあると便利です。
天気も変わりやすく、暖かくなったり寒くなったりするため、
インナーダウンも寒くなった時に活躍してくれるので、
持参した方がいいでしょう。
手袋やネックウォーマーなど、小物類も持っていくことで、
体温の調整をしやすくなります。

春や秋のレイヤリングのパターンについて

春や秋の服装のポイントは、どのようなところにあるのでしょうか。
これは、暖かい服装を心がけるという点と言えるかもしれません。
春や秋の山は、ふもとより気温が低いことも多いです。
肌着は、袖が長いものを着用することをおすすめします。
中間着も保温性の高いものを着用し、体温を下げないようにしましょう。

春の登山でボトムや靴はどんなものを選ぶべき?

春の登山では、靴やボトムはどんなものを選ぶといいのでしょうか。
暖かくなったと感じていても、山に行くと、肌寒いということが多いので、
暖かいものを選ぶようにしましょう。
靴選びはスニーカーを選ばないようにしましょう。
スニーカーは滑りやすく、あまり登山に向いているとは言えないためです。
やはり靴についてはトレッキングシューズを選ぶといいでしょう。
トレッキングシューズは、ハイキングシューズと登山靴の間くらいのもので、
軽装備用の靴と言えることができます。
実際に履いてみると、スニーカーとの違いも実感できるでしょう。
ボトムについては、化繊素材がいいでしょう。
サポートタイツは、歩きやすいように足を補助をしてくれますし、
女性であれば、サポートタイツに短パンのファッションも人気です。

これから始める人は山歩きのルールと安全対策を知っておこう

これから山歩きを始めてみたいという方は、
ルールや安全対策について知っておくようにしましょう。
基本的に登山をする時は、安全を考慮し、
早めの出発と早めの下山のスケジュールを意識しましょう。
特に午後は暗くなって行くため、早めを意識することが大切です。
また、山道を歩いていて、人とすれ違う時は、
登りが優先というのが、一般的なマナーとなります。
ここで道を譲る場合、山側に寄るようにしましょう。
状況によっては、この限りではない場合もあるので、
自分勝手な行動は取らないように注意しましょう。
山の天候は変わりやすいので、天候についても気を付ける必要があります。
登山の前に天気予報を確認しておくのはもちろんですが、
夏には落雷や集中豪雨などの天気が発生する場合もあります。
天候が変わりやすい点からも、レインウェアは持って行くようにするといいでしょう。
万が一、道に迷ったり、日没が迫ってきた場合は、
引き返すことを考えましょう。
例えば、道に迷った場合は、確認できる場所まで引き返すのが最もベターでしょう。
沢や谷に降りることは危険です。
遅い時間までかかる予定ではなくても、ランプ等を持参することで、
日没が迫ってしまった場合も対応できます。
もちろん、このようなことにならないように事前の準備や対策をすることが最も重要です。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる