車中泊のために準備するものや準備することは?

目次

車中泊は準備が大切!

旅行やアウトドアの際に、宿泊費にお金をかけたくないから車中泊!
ということもあるでしょう。
もちろん悪くはないのですが、
しっかりとした準備をすることは大切です。
しっかりとした準備をすることによって、
車中泊もより良いものとなり、より楽しく過ごすことができるでしょう。
これは、全てフル装備にすべきということではなく、
自分の車中泊で必要となるものは何なのかを
しっかり把握し、予算をかける必要があります。

車中泊できる場所をあらかじめ調べておこう

車中泊をする際には、車を停められる場所を調べておくようにしましょう。
車中泊の多くは、道の駅やサービスエリア等ですることが多いと思います。
しかし、これらの場所も車中泊をする場所として、
勧められているわけではありません。
また、マナーの悪い方のトラブルもあります。
例えば、仲間内で車中泊をした場合に多いのが、
車の中や外で騒いだり、大音量で音楽を流すなどは、明らかな迷惑行為です。
道の駅等を利用する他の方々も、
安心してその施設を利用することが難しくなってしまうでしょう。
さらに、バーベキュー等を行うなどは、
キャンプ場ではないので、これももちろんマナー違反です。
そして気を付けたいのは、アイドリングもマナー違反にあたるそうです。
こういった点にも気をつけて車中泊を行う必要があるでしょう。

車中泊では窓をふさぐものを準備しよう

車中泊では、窓をふさぐものを準備することが良いとされます。
これは車内の温度が低下するのをある程度抑えるほか、
防犯にも役立てることができるからであるそうです。
そのため、窓をふさぐカーテンについては、
断熱性のあるものがいいでしょう。
フロントガラスについては、サンシェードを使うといいでしょう。
また、カーテン等の隙間ができる部分に関しては、
ビニールテープ等でふさぐといいかもしれません。

車中泊する地域の気温も調べておこう

車中泊をする場合は、その地域の気温を調べておくことも大切です。
特に最低気温はしっかり調べておくべきでしょう。
夜通しアイドリングをするわけにいきませんから、
基本はエンジンを切ることとなります。
日中の気候が過ごしやすい場合であっても、
夜中から早朝にかけては、気温も低くなります。
そのため、それらに対応できる道具や寝具が必要となります。
特に冬季間に車中泊をする場合は、さらなる注意が必要と言えるでしょう。

車中泊をするときに気をつけることとは

車中泊をする場合に気をつけたいのが、
エコノミークラス症候群です。
これは、長時間の足の運動不足や乾燥によって起こり、
症状が軽い場合は、片側の足のむくみや痛みがあります。
これは、すぐに分かることもあれば、時間が経って分かる場合もあるそうです。
重症になると、足にできた血の固まりが肺に詰まったり、
息が苦しくなって、胸の痛みを訴えて失神することもあるそうです。
この病気は、飛行機に乗っている時だけに起こる病気ではありません。
車の座席等でも、長時間同じ姿勢で座っている場合は、リスクが高まります。
6時間以上そのような状態になる場合は、気を付けなければなりません。
意識的に足を動かしたり、水分を取ることは、
予防するために重要であると言えるでしょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる