ランニングシューズの寿命は距離や年数?長持ちさせるために!

目次

ランニングシューズの寿命は距離でいうとどのくらい?

ランニングシューズは、どのくらいの距離を走ると寿命なの?と、
思ったことはありませんか?
これは、体格や走り方、さらには手入れを
どの程度しているかによって変わってくるため、
何キロ程度とは一概に言えないそうです。
とは言ったものの、目安としてある程度の距離は知っておきたいですよね。
一般的に言われるランニングシューズの寿命として、
トレーニングシューズは、およそ800キロ、
レーシングシューズは、およそ300キロであるそうです。
シューズはランニングにおいて大切なものです。
しっかり手入れをして、ランニングを楽しみましょう。

ランニングシューズの機能について

ランニングシューズには、いくつかの大切な機能があります。
例えば、初心者にも大切とされるクッション性や安定性、
走りやすさでは、軽量性や柔軟性などがあります。
耐久性や通気性もあり、まさにランニングのためのシューズですね。
ただし、これら全てがバランス良く、
全てのシューズに備わっているわけではありません。
自分にあったシューズ選びをしなければ、
足や腰を痛めてしまうこともあります。
自分の足やランニングスタイルに合った機能を
備えたシューズ選びが大切となるでしょう。

ランニングシューズの寿命はクッション性でチェックしよう

ランニングシューズの寿命は、クッション性を確認することで見ると良いそうです。
このクッション性は、ランニングで使用し続けることによって劣化していきます。
ランニングでは、思っている以上の衝撃が体にかかるため、
これが劣化したままのシューズで走るのは、良くありません。
ランニングシューズのクッション性については、
およそ48時間程度で復元するそうです。
つまり、その前にランニングをする場合には、
シューズをいくつか所持する方が良さそうです。
もちろん手入れも大切ですね。
こういった手入れや、シューズを複数持つということが、
シューズの寿命を長くするために必要と言えるでしょう。

ランニングシューズの経年劣化による寿命も

ランニングシューズは、使い続けることによって劣化していきます。
ですが、シューズを使用せずに、ずっと保管している場合でも、
劣化は進みます。
いわゆる経年劣化ですが、これは素材の性質上どうしようもないそうです。
また、経年劣化では、4年程度で寿命となるそうです。
使っていないからと、長年保管していたシューズでランニングするのは、
避けた方が良さそうですね。

ランニングシューズを長持ちさせる方法は?

ランニングシューズを長持ちさせるためには、
前の文面にもありますが、複数のシューズを所持し、
履き回すのがいいとされています。
シューズのクッション性についても、
復元するまで48時間程度と言われるので、
そこから考えても納得いくところだと思います。
また、シューズの湿気や、型崩れについても気をつけましょう。
複数のシューズを大切に扱うことが、
何よりシューズの寿命を長くすると言えるでしょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる