ランニングシューズの選び方で初心者に大切なことは?足の形やサイズを知ろう

目次

ランニングシューズは走り方で選ぶ

ランニングで、シューズ選びは重要なものとなります。
デザインでシューズを選ぶ方も多いと思いますが、
デザインを重視しすぎてしまうと、自分の足に合わない場合があるのです。
それでは、ランニングシューズを選ぶ時に、
重要視することとは、どのようなことなのでしょうか?
これは、走り方によってシューズを選ぶということのようです。
走り方は大きく分けて、ピッチ走法とストライド走法に分けられます。
ピッチ走法は、歩幅を小さく取る走り方のことを言い、
この走り方にはフラット型のシューズが向いているとされています。
フラット型のシューズは、シューズの裏のかかとからつま先の部分まで、
高さに差がないような構造となっています。
一方で、ストライド走法は、歩幅を大きく取る走り方で、
この走り方についてはセパレート型のシューズが向いているとされています。
セパレート型のシューズは、フラット型とは違い、
土踏まずの部分が、地面につかないような構造となっています。
シューズの選び方は様々ですが、これをひとつの基準として覚えておくと良いでしょう。
また、走り方についてもどちらが自分にあった走り方なのかを知っておく必要がありますね。

ランニングシューズのタイプについて

ランニングシューズには、いくつかのタイプがあります。
大きく分けると3つに分けられるそうです。
まず1つ目に、クッション系のランニングシューズです。
これは、初心者にもオススメされているシューズで、
ランニングの際の衝撃を吸収しやすい構造であるそうです。
ランニング初心者の場合、膝などを痛めやすいので、
これによって故障のリスクを軽減できるという点では、
まさに初心者にはおすすめのシューズになるのでしょう。
2つ目は、トレーニング系のランニングシューズです。
これは、クッション性に加えて軽量化も考えられており、
バランスが取れたシューズと言えるかもしれません。
ランニングが慣れてきた頃におすすめのシューズと言えるかもしれません。
3つ目は、レース系のランニングシューズです。
これは、軽量化を主に考えられたシューズです。
ランニング熟練者や、学生時代から走っていたり、
レースに出てタイムを競うような場合に履くシューズと言えるでしょう。
以上のことからわかるように、軽いシューズであれば良いというわけではなく、
自分の経験や、レベルを考えてシューズを選ぶことも大切です。

ランニングシューズの選び方は運動経験の有無でも変わる?

ランニングを始める理由は、人によって様々です。
では、それまであまり運動をしていなかった場合と、
定期的に運動していた場合で、
ランニングシューズの選び方は、変わってくるのでしょうか?
まず、運動を定期的に行なっている方の場合ですが、
これはランニングの目的にもよるでしょう。
クッション性と軽量性のどちらに重点をおくべきか、
判断する必要があります。
運動をあまりしていない場合、
膝や腰などに思っている以上の負担がかかる場合があります。
そのため、まずはクッション性の高いシューズを選び、
故障を防ぐ必要があります。

初心者には重要なランニングシューズのクッション性について

ランニングシューズのクッション性については、
初心者にとって大きな役割があります。
これまでの文面にもありますが、
ランニングは膝や腰などに、自分が思っている以上の負担がかかっています。
普段から体を鍛えていたり、ランニングを行なっている方は、
足腰の筋肉が鍛えられており、負担への準備はできています。
しかし、これからランニングを始めるという初心者の場合は、
この体の負担への準備が出来ていません。
そのため、走りやすい軽量化されたランニングシューズより、
クッション性の高いシューズを選ぶことで、
足腰へのケアをしてあげる必要があるのです。

ランニングシューズを選ぶ前にまずは足の形を知っておこう

ランニングシューズを選ぶ際には、
自分の足の形を知っておく必要があります。
一般的な日本人の足は、
甲が高く、幅が広い足であるそうです。
これまでシューズの種類や、選び方について確認してきましたが、
まずは、自分の足の形を知るということから始めてみると良いでしょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる